"本棚"の記事一覧

えじゃないか~出久根達郎

 江戸末期の「ええじゃないか」と「坂本竜馬暗殺」・・・これが本書の書き出し、ただ「ええじゃないか」ではなく「えじゃないか」ですけど。登場人物が複雑で戸惑いますが、幕末の混乱期を上手く表現して描いているんではないでしょうか? えじゃないか (中公文庫) - 出久根 達郎

続きを読むread more

鼠、嘘つきは役人の始まり~赤川次郎

 本棚、3連続で鼠シリーズ!第10弾は少しだけ趣が違うような・・・ま、痛快娯楽時代小説には変わりはありませんけどね。これにて既刊の11弾まで読み終えたかたちとなりました。そろそろ最新刊出るんだろうけど。 鼠、嘘つきは役人の始まり - 赤川 次郎, 宇野 信哉

続きを読むread more

鼠、狸囃子に踊る~赤川次郎

 先日に続き、「鼠」シリーズ第7弾!  暇つぶしに読むのにはうってつけの痛快娯楽時代小説ですね。シリーズ制覇まで残り一冊になりました。 鼠、狸囃子に踊る (角川文庫) - 赤川 次郎

続きを読むread more

鼠、危地に立つ~赤川次郎

 前回に続き赤川次郎さんの「鼠」シリーズ。本作は第6弾となります。これで残り2冊が未読と言うことに・・・  次郎吉もドジを踏む・・・甘酒屋こと鼠小僧「次郎吉」、その妹で小太刀の遣い手「小袖」、女医の「千草」といつもの面々が人助け!痛快時代小説なり 鼠、危地に立つ (角川文庫) - 赤川 次郎, 宇野 信哉

続きを読むread more

鼠、恋路の闇を照らす~赤川次郎

 大分と間隔が空いてしまいましたが・・・「本棚」  年末年始と体調を崩し、本を読む気力もなく漸くここに来て1冊読み終えたのが赤川次郎の「鼠」シリーズ!この作家さん唯一の時代物・・・兎に角、気楽に読めて暇つぶしにはもってこいですね。多分、新しい作品だと思います。   鼠、恋路の闇を照らす - 赤川 次郎, 宇野 信哉

続きを読むread more

政次奔る~佐伯泰英

 この冬の青春18きっぷの旅のお供は夏に続き、佐伯泰英さんの「鎌倉河岸捕物控」でした。九代目に子が無く、十代目は?呉服屋手代の「政次」のこの後を占う、本シリーズの中でも重要な一冊かな? 政次、奔る―鎌倉河岸捕物控〈2の巻〉 (ハルキ文庫 時代小説文庫)

続きを読むread more

あやめ横丁の人々~宇江佐真理

 久しぶりに宇江佐真理さんの世界!人を切り殺した旗本の三男坊が入り込む「あやめ横丁」の人々とは・・・「あやめ」横丁のあやめは花ならず、人を殺める「あやめ」なり。中々とイイ話! あやめ横丁の人々 (講談社文庫)

続きを読むread more

あんじゅう~宮部みゆき

 この夏に紹介した「三島屋変調百物語」シリーズのひとつ「三島屋変調百物語事続」です。四話収録!各々一話が結構長編で読みごたえがあります。どれも宮部みゆきの世界そのもの・・・ あんじゅう 三島屋変調百物語事続 (角川文庫)

続きを読むread more

重蔵始末~逢坂剛

 拙本棚で先日「重蔵始末長崎編」2冊を紹介しましたが、重蔵始末出だしの1冊を読んでみました。最初からしっかりとした作りの作品!他も読んでみたくなりましたよ。 重蔵始末 (講談社文庫)

続きを読むread more