紫匂う~葉室麟

 梅雨時は時代小説を読む時間が増えるんですね~ 外で暇つぶしする気にならないので・・・  また葉室さんに戻りました。人間の心持とは中々に奥深く、そのことに気付かず生きてしまう。そんな印象を強く持った作品です。 紫匂う (講談社文庫)

続きを読むread more